さばの煮付けを失敗した話

まだまだ暑い日が続きますが、真さばが入るようになりました。

私の作るさばの煮付けは、家族にはなかなかの好評です。

ポイントは、ふつうの煮汁でさばに火が通るまで煮て、みりんとしょうゆを少し回しいれて一煮立ちさせたら、いったんさばを取り出し、煮汁に砂糖としょうゆを加えて煮立てて、カラメルの手前くらいのとろみがついたら、さばの上からかけることです。

しかし先日ついに、それを焦がしました。

写真は綺麗に見えますが、とっても大人すぎる味わいでした。飴細工のように皿の上で固まりました。

 

おいしく作るとこんなふうです。煮汁がとろっとしていますが固まらないです。当たり前ですけど、本当は大切だった幸せというものはそういうものです。焦がさないようによくみていましょう(自戒)

プリンのカラメルでいうと、焦がすずっと手前、つまり煮汁にややとろみがついたら加熱をやめる、苦味は決してつけないように(自戒)がポイントです。