桜海老のかき揚げ

うどん屋さんのかき揚げ…憧れです…ぶ厚くてサクサク!

家でも作りたいなと思って考えたレシピです。専門の器具がなくてもできます。桜海老がなくても、他の貝やエビでも作り方は同じです。野菜だけでも美味しいです。

材料

桜海老(冷凍の場合は解凍しておく) 150g、玉ねぎ 1個、人参 2分の1本、卵1個、小麦粉 適量、塩 小さじ1/2

作り方

玉ねぎを縦半分に切り、横に薄切りにします。人参は千切り。ボウルに入れ、小麦粉を野菜全体が白くなるくらいにまぶします。

image
小麦粉をまぶしたところ

卵を溶き、だいたい同量の水を入れて混ぜます。塩を加え全体にかけて、底からすくい混ぜ上げる感じで、練らないように絡めます。混ぜすぎると固くなるので注意。まだ小麦粉の白いところがあっても、だいたい卵液で繋がっていたらそこで混ぜるのをやめます。

image
卵液を絡めたところ

油はいつもより少なめにして、いつもの揚げ油の温度より10度くらい低い温度にします。私はいつも190度くらいで揚げるので180度に設定します。いつも180度の方は170度にしてください。

おたまやお箸で小さい山を作る感じで、生地が広がらないよう気をつけながら、1つにつき2、3回に分けて上へ上へ乗せていきます。このとき、高さの1/4から1/3くらいが油より上に出るようにします。重みでお互いがよくくっつきます。かき揚げがばらばらにならないようにするためです。

image
油に入れたところ

油に入れたばかりのときは生地はふにゃっとしていますが、しばらく揚げて側面を箸でつついてみて、固くなっていて、簡単に動くような状態になったら裏返します。しばらく揚げたら上をサクッとさせるためにもう一度返して、バットにあげて油を切ります。

image
ひっくり返して…
image
もう一度返して元どおりにします
image
厚みがあるので食べ応えアリ!

即席パエリア

キッチンの調味料のあたりを整理していたら、サフランを見つけました!鮮度の良いエビや貝が、種類は何でもいいのでちょこっとあれば、サフランパワーでおいしいパエリアがちゃちゃっとできることを発見したので、メモしておきます。

サフランと鮮度の良い魚貝をご用意くださ~い!

材料(6人分くらいできます)

米 4カップ
鶏肉 200g
玉ねぎ 1/2個
今回使った魚貝は生の小イカ300g、活きたあさり10粒、活きたホンビノス貝3粒、生の車エビ3尾。
サフラン 小さじ1/2
塩 小さじ1と1/2
コンソメなどを溶いたブイヨン 4と1/3カップ(米4カップの1割増しくらいの分量)
こしょう、にんにくパウダー、オリーブオイル、白ワインまたは日本酒 適量

作り方
  1. 鍋(あれば深めのフライパンや平らな鍋が良い)にオリーブオイルを適量しき、みじん切りにした玉ねぎ、小さく切った鶏肉を入れ、白ワインまたは日本酒を適量ふって炒める。
  2. 米を洗わずそのまま加え、油が回るように炒める。ブイヨンを入れ、好きな大きさに切ったイカと、貝、エビを生のまま上にのせ、ふたをして加熱する。ごはんやピラフなどをお鍋で炊く要領で炊く。強火で加熱して、ふきこぼれたら弱火にし、水分がなくなるまで加熱する。途中で上の方を少し食べてみると炊けているかどうかわかります。

きあがったら、各自の器によそい、上からドライパセリなどをふって、レモンを添えると本格的になります。