もうすぐ春ですね

冷蔵ケースの魚の種類が増えました。白魚などの春の小魚が増え、かきなど冬の魚介もたくさんある、冬と春が混在する時期です。

さて、春といえばこちら、あさり。まだしじみの美味しい時期ですが、味が少し良くなってきました。身はまだ痩せています。暖かくなるにつれ、だんだん大きくなっていきます。

は〜るよ来い🌸

 

そういえば今日は、大きな毛がにがいました。こんな大きなもの初めて見ました。ビックりでした!

ペットボトルと並べられどこかペットっぽいパピヨン似の毛がにさん

かには生命力があるので、北海道などの毛がには通常、おがくずの中に入れられ流通してきますが、最近お店で人気の石川産の毛がには、海水に入って活かされた状態で届きます。この毛がには重さを測っていたところで、撮影後、急いで海水に戻しましたが、元気に動いていました。

かにの種類も多く、松葉がにのお値段も先月に比べて落ち着いてきましたので、暖かくなる前にかに鍋などいかがでしょうか。ご来店お待ちしております。

【営業についてのお知らせ】土曜日でも祝日は定休日です。そして市場が休みの水曜日は午後3時閉店です。よろしくお願いします。

即席パエリア

キッチンの調味料のあたりを整理していたら、サフランを見つけました!鮮度の良いエビや貝が、種類は何でもいいのでちょこっとあれば、サフランパワーでおいしいパエリアがちゃちゃっとできることを発見したので、メモしておきます。

サフランと鮮度の良い魚貝をご用意くださ~い!

材料(6人分くらいできます)

米 4カップ
鶏肉 200g
玉ねぎ 1/2個
今回使った魚貝は生の小イカ300g、活きたあさり10粒、活きたホンビノス貝3粒、生の車エビ3尾。
サフラン 小さじ1/2
塩 小さじ1と1/2
コンソメなどを溶いたブイヨン 4と1/3カップ(米4カップの1割増しくらいの分量)
こしょう、にんにくパウダー、オリーブオイル、白ワインまたは日本酒 適量

作り方
  1. 鍋(あれば深めのフライパンや平らな鍋が良い)にオリーブオイルを適量しき、みじん切りにした玉ねぎ、小さく切った鶏肉を入れ、白ワインまたは日本酒を適量ふって炒める。
  2. 米を洗わずそのまま加え、油が回るように炒める。ブイヨンを入れ、好きな大きさに切ったイカと、貝、エビを生のまま上にのせ、ふたをして加熱する。ごはんやピラフなどをお鍋で炊く要領で炊く。強火で加熱して、ふきこぼれたら弱火にし、水分がなくなるまで加熱する。途中で上の方を少し食べてみると炊けているかどうかわかります。

きあがったら、各自の器によそい、上からドライパセリなどをふって、レモンを添えると本格的になります。