穴子と鱧

もうお気付きかもしれませんが、 実は魚豊は一文字にすると鱧(はも)になります。

私はよく穴子と鱧を間違えます。しかし本日、たゆまぬ努力と観察の結果、違いを発見したのです!

ポイントは顔。

 

網のなかから失礼します。こちらは穴子

 

はもです。

 

穴子は色が薄めで優しい感じ、鱧は色が濃いめで怖そうな感じ。ギョロ目。

鱧はぶつかるのか何かわからないのですが、口の先の方が白く皮がめくれた感じになって、歯が前に出ているものもいます。さばくときは、かまれないように口先を切ります。一度噛みつくと首を切られても離さないとか。自分のしっぽにかみついてしまうものもいるそうです。

夏は鱧の美味しい季節ですが、きっと生命力をいただいているのでしょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA